やってよかった収納とトイレのひと工夫(貯金0、頭金0で建てた新築一戸建て)

2021年12月6日月曜日

お父さんの新築

t f B! P L


お父さんの新築

Vol.6




からつづく


間取りに続いて

収納、トイレに関して

やってよかったことを

まとめてみます☆

収納でお部屋すっきり

階段下のスペースに収納を2つ設置

キッチンには食器棚に隣接する形で

食品庫を設置

限られたスペースを有効活用


各部屋のクローゼットは

高さを変えられる棚が付いていて

ある程度、状況に合わせて変えられます



















寝室には

ウォークインクローゼットを設置

あえて戸の建具は取り付けず

アーチ状のトンネルにしてもらいました


















お出かけ前、帰宅後と

出入りが結構あるので

いちいち戸を開け閉めする必要がなく

ストレスフリー

トイレのひと工夫

トイレは2つあった方が良い

トイレは1階と2階に

1つずつ設置


用を足したい時に限って

誰かが入っていてピンチ!

ということはよくあります


ボク自身、子どもの頃、

父ちゃんが長いので

大ピンチに陥ることが多々ありました


そんなトイレ競合も

一家にトイレが2つあると

まずおきません


トイレでもう一つやって良かった事は

1階のトイレにだけ来客向けに

手洗い器を設置した事



















コフレルスリム 
(写真とは型番が違いますが、ご参考)

妻のたっての希望だったので

費用はかさみましたが

他の建具のグレードをやり繰りして設置


やはり単純に

来客用に見た目が良いです☆

トイレタンク上の手洗い器よりも

使いやすく、洗面所まで案内して

手洗いして頂くケースも無くなります。


また、小さな子供には、

トイレタンク上の手洗い器は

位置が高くて洗いにくいです

低い位置に設置された手洗い器なら

子供でも手洗いが簡単


トイレ収納は

この手洗い器の下部に少しと

壁に埋め込み型の収納を設定しました


















扉の中にも棚があり

掃除用具など目障りなモノを

目立たずに収納できるので

トイレ内がスッキリ


















広さも十分でほんと快適です

だからトイレが長くなるのか?


つづく(お父さんの新築 Vol.7 へ)


このブログを検索

プロフィール

自分の写真
40代、二児の父親です。 北国育ちで在住。寒いけど冬が美しいので北国が好きです。 思い出や、日常に思ったことを書き留め、それが誰かの何かの足しになったら、こんなボクの人生にも意味があったというもの。 「クスッ」としてもらえたら幸いです。

QooQ