壁紙とニッチ 細かい工夫で暮らしやすさUp(貯金0、頭金0で建てた新築一戸建て)

2021年12月11日土曜日

お父さんの新築

t f B! P L


お父さんの新築

Vol.9




からつづく


9月に始まった新築計画

土地、家の契約、間取りなどの設計を経て

11月頭に着工となりました

北海道では雪が降るので

着工から1か月くらい

雪が降り積もる前に外枠が造られました

以降は内装の細かい部分を

並行して設計しながら進めます

壁紙とニッチについて

思ったところを纏めます

こんな人にオススメ
  • 家のクロス(壁紙)を検討中
  • ニッチってなに?
  • 新聞や雑誌を整理したい

壁紙選びは気持ち大胆に

これまで様々

家のモノを選んできましたが

一番迷ったのが壁紙でした

分厚いカタログを眺めて

部屋の雰囲気をイメージしながら

各部屋の壁紙を選びますが

なかなかイメージと現実は違います


たとえばこれ







 










レンガ調の壁紙

少しひいて見ると














思ったよりも

レンガ調が目立たず控えめです

こういう見え方をするので

カタログで見るのとイメージが違ってきます。。


我が家はこくらいのアクセントで良かったので、

この壁紙を選んだのですが、実は当初

もっと目の細かいレンガ調を選んでいました

すると工務店さん

それだと、せっかくアクセントを付けたいのに

まったく目立たなくてアクセントにならないですよ

教えてくれました

もっとごっついレンガ調でも

丁度よいくらいだそうです。。


壁を全体的に白にして、床材も明るめにして

明るい部屋を目指しました

ニッチで室内をスッキリオシャレに

ニッチというのは


















こんなの

小物を置ける壁のくぼみ?的な「棚」

写真立てとか置けてオシャレ

以前のアパートでは

置き場がなかった小物たちが

部屋に散乱しなくてスッキリ
















ダイニングに面したキチンのニッチ

ティシュとかテーブルの上に置きがちな小物も

綺麗に収まって便利



















階段にもニッチ

ついでに映り込んでいるのは


















マガジンラック

上部には、各種スイッチや

玄関モニターが収められています

今まで、その日の新聞や雑誌が部屋に

無造作に積み上げられて

散らかりがちでしたが

こいつでスッキリ

細かい工夫で日常の住み心地が

より良くなりました☆



つづく

このブログを検索

プロフィール

自分の写真
40代、二児の父親です。 北国育ちで在住。寒いけど冬が美しいので北国が好きです。 思い出や、日常に思ったことを書き留め、それが誰かの何かの足しになったら、こんなボクの人生にも意味があったというもの。 「クスッ」としてもらえたら幸いです。

QooQ