快適な在宅ワークを求めて。肩こり解消?ノートPCスタンドを買ってみた!

2022年11月16日水曜日

お父さんの買い物

t f B! P L



コロナ禍となり3年の歳月が経とうとしていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

こんなボクにも在宅ワークをする機会が巡ってきたので、少し体験を綴ってみる。

この記事でわかること

    在宅ワークの

  • メリット
  • デメリット
  • 肩こり解消法?

いまさら?の在宅ワーク

何度も「第◯波」とかいうピークを迎え、

その全てをバスと電車で人混みの中をフツーに通勤。

マスク、手指消毒の徹底により

無感染で乗り越えてきた。


今となっては、

かなりwithコロナな考え方が広まりつつあるが、

ここへきてようやく、

私にも在宅ワークの機会が巡ってきた。

もはや今更感が半端ないのだが、

働き方改革という意味でも興味深く、

素直にやってみることにした。

在宅ワークの準備

突然訪れた在宅ワークの機会。

当然、自宅には何の備えもない。

仕事部屋も無い。

幸い、下の子供がまだ小さく、空いている子供部屋があるので、そこを在宅ワーク用の部屋とすることにする。

もし無ければ、寝室、もしくはウォークインクローゼットの中にでも入り込んで作業するしか無い。

守秘義務を果たすためには、手段は選べない。


続いて、机。

子供の勉強机どうしようか?
高いね〜

などと妻と頭を悩ませている時に、

仕事机なんて買ってる余裕は無い。


職場では、無ければみかん箱で♪

なんて冗談も飛んでいたが、幸い、

以前使っていた食卓テーブルが倉庫に眠っていたので引っ張り出した。

こうして、部屋と机をなんとか揃えた。


在宅ワーク用のパソコンは職場からの貸与品。

セキュアに職場と接続できるように設定されたものを使用する。

オンラインミーティングのためのヘッドセットは、100均で売ってるマイク付きイヤホン。

長女がSwitchで友達とオンラインゲームの際に用いてるものを流用。

これで役者は揃った。

いざ、在宅ワーク!

在宅ワークしてみた

わかっていたことだが、通勤が無くて楽。

朝、決まった時間にノートPCを立ち上げるだけ。

通勤に要していた時間を有意義に使える。

当然、帰宅についても言える。

仕事が終われば即自宅。即風呂。

なんて素晴らしいのでしょうー

病みつきになるわー!


しかし、その分、決定的に

運動不足

になってしまう。

ただでさえ運動不足で、血中コレステロール値や、尿酸値高めなのに、これで通勤時の歩行による僅かな運動の機会も奪われると思うと、


次の健康診断が怖くてたまらない。。


しかし、なんだろう。。?

そんな楽ちんな在宅ワークなはずなのに、

終えてみると、

とても疲れていることに気づく。

仕事が特別ハードだったわけではない。

いったいなんなんだ?


この疲労感は!?


在宅ワークの一日を振り返ってみると、

意外な事に気がついた。


如何に職場の机や椅子が、
疲れ難い設計になっているか


ということに。

正直これまで、

なんだこのカッコつけた椅子は!?

経費の無駄遣いじゃ!

などと小馬鹿にしていたのだが、

ちゃんと意味があったのね。。。

数々のご無礼。
本当に申し訳ございませんでした。


利用者が長時間のデスクワークに耐えうる設計となっているとは。。恐れ入った。


それにひきかえ、

我が家の在宅ワーク環境はというと、

古びた食卓テーブルである。

当たり前だが、

長時間のデスクワークに使用されることを想定されていない。

致命的なのは、天板の高さが低いこと。

ノートPCを上から覗き込む姿勢になってしまうので、とにかく


肩が凝る。。


ついでにいうと、

リモートデスクトップのような仕組みで、職場のパソコンの画面が画像として転送されてくるのだが、
通信状況によっては、キーレスポンスが遅いこともある。そうなると、


肩凝り倍増。。


使用しているのは、Wi-Fi6対応のルータなのだが、

そもそも接続先の社内ネットワークが重たい日には、

自宅のネット環境をいくら改善してもどうしようもない。

通信環境の改善はこれ以上望めないようだ。

ということで、快適な在宅ワークのためには、

机や椅子の最適化が重要であることを知った。

とりあえず肩凝り解消

可能なら、長時間のデスクワークをサポートしてくれる、優れたデザインの机と椅子を買い揃えたいところだが、そんな高価なものをいきなり揃えられるわけがない。

とはいえ、酷い肩こりを伴いながら、良い仕事ができるわけもない。

取り急ぎ、肩こりだけでも解消できないか?
と色々探してみると。。


ありました。


リーズナブルに
在宅ワークの肩凝りを解消してくれるアイテムが!




こちら、
ノートPCのお尻を持ち上げてくれるので、

ディスプレイの位置が高くなり、

自然と目線が上がり、

覗き込む姿勢を改善してくれるので、

さりげなく肩凝りを緩和してくれるのだ。



え?
傾いたキーボードが打ちにくそう?


うん。ボクもそう思った。

実際、この製品を最大傾斜で使用しているのだが、

思ったほどタイピングし難いという感触は無い。

まったくの許容範囲。

金属でできており、適度な重量で安定性も良好。

在宅用の軽めのノートPCはもちろん、

プライベートで使っているMacBook(2008 late)も、古くて重めのノートPCなのだが、安定して設置できている。


これで、
在宅ワーク時の肩こりが緩和された。


根本的には、机と椅子の改善が必要なのだが、すぐに用意できないなら、お財布にも優しいこの商品は、在宅ワークの強い味方になるのではないだろうか。

さぁ、今日も、お仕事頑張ろっと♪



このブログを検索

プロフィール

自分の写真
40代、二児の父親です。 北国育ちで在住。寒いけど冬が美しいので北国が好きです。 思い出や、日常に思ったことを書き留め、それが誰かの何かの足しになったら、こんなボクの人生にも意味があったというもの。 「クスッ」としてもらえたら幸いです。

QooQ